のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2019-04-11 寒いねぇ


桜がさいたとおもったら、また冬に逆戻り?
この寒さじゃ、お花見に出かける気にもならないですが、
夜桜見物の準備のできている西公園あたりでは、
寒さにも雪にも負けず繰り出す人たちがいるのかな?

この間、卒園式が終わったと思ったら、もう入園式、
みんな新しいところで、どんなふうに過ごしているのかなぁ、
まさか涙、涙なんてことないよね!
いままでお兄さんお姉さんで威張っていたけど
幼稚園の3歳児クラスは、おちびさんのクラス、
上には4歳、5歳児のクラスがでんといるから、勝手が違うかも
しれないね。赤ちゃん扱いされるかも・・・
でも、すぐ慣れて、楽しくなると思うよ!

かつてこんな風に卒園していったこどもたちの中でも、
小学校や中学校に入学した、高校生になった、“節目の年”
という子ども達がいつもより多かったみたいです。
こんなに大きくなりました、と訪ねてきてくれたりすると
本当にうれしくなります。
保育園を続けていてよかったな、と思うときです。
新しい始まりのとき、みんなファイト!

2019-04-03 春がどこかへいっちゃった


あんなにあたたかかったのに、なんて寒いんでしょ!
昨日あたりは、ゆきぼうずがでてきたのかもしれないね。
せっかく伸びたチューリップも、蕾を固くとじて
ちぢこまっています。

卒園した皆さん、お元気ですか?
みんながいなくなって、
保育園はすっかりさびしく(静かに?)なりました。
お兄さん、お姉さんがいないので、なんだか気が抜けたみたい!
手持無沙汰、張り合いがない、ウーン、どうしよう・・・
いままで遠慮していた赤いかご、使いたい放題になって
早速取りあいが始まりました。
このかごを被ると、なんだか偉くなった気分になるらしいよ。

赤ちゃんが3人、しかも全員女の子!
赤ちゃんの部屋は急に華やかな色彩が目立つようになりました。
進級したみんなは、なんだか大人になった気分かな、
そっと赤ちゃんにさわってみたりしています。
新年度がはじまってまだ三日目、まだ「様子見」のみんなですが、これから楽しいことがいっぱいできるといいね!
さよならしたみんなも、風邪ひかないように、
あたらしいところで、元気に、いっぱい遊んでね!

もっとおひさま原っぱニュースを見る