のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2020-01-23 大寒だというのにね


あいかわらず暖かい冬ですね!
寒さにあわないと、植物も芽を出すタイミングがわからなくなってしまうらしく、チューリップがちっとも芽をだしません。
もっともずいぶん遅くなってから植えたせいもあるのでしょうが、ちょっと心配です。
こんなことをしているうちに、もうすぐ節分、立春が来てしまいます。狂った季節、大丈夫なのでしょうか?

節分にそなえて、こどもたちもそろそろ鬼のおめんをつくるらしいです。ことしはどんなのができるのか、楽しみ!
いつもやってくるこわーい鬼はことしもくるのかしら?
鬼に捕まる子はいるかしら?
みんな、泣く~?
まだちょっと先、ということもあり、
こどもたちにはあまり切迫感はないようです。
それより、今週出してきた鬼関連の絵本に興味津々!
「じごくのそうべい」とか「かえるをのんだととさん」などが
ことに気に入ったらしく、膝の上でけけけけと笑いながら
読んでもらっています。
小さな鬼がでてくるおはなしは親近感がわくけれど、
落語まがいの鬼たちは一層面白いのでしょう。
君たち、いまだけよ、そんなのんきにしていられるのは!
おひさま原っぱに来る鬼は、ほんとに怖いんだから!!
みんながんばって戦わないと連れていかれるよ!
戦い用の豆、もう用意したからね、みんな、がんばれ~!
来週は豆まきの特訓です。

このごろ写真をとっていません、次回をお楽しみに!

2020-01-15 みぞれが・・・


昨日はどんと祭、これでお正月も終わりです。
八幡神社にちかいので、毎年渋滞に巻き込まれがち。
昨日は早めお迎えに協力していただきました。

でも、例年ほどの渋滞はなかったみたい!
土日月とお休みが続き14日を待たずに神社に行った、という人も多かったせいでしょうか?

恒例の裸参りも、白い浄衣を付けた集団が目立ちました。
一瞬、女性のグループかと勘違いしましたが、そうでもなさそう・・・ま、寒いですからね!
じゃらんじゃらんという鈴の音は、夜9時近くまで聞こえていました。
一夜明けての今日は、朝から、雪やみぞれの降る寒い日。
昨日じゃなくて助かった、とほっとしている方も多いかもしれませんね!

保育園は今日もお休みがいてなかなか全員揃いません。
来週になったら、みんな勢ぞろいするのかな?
せっかく作ったタコも地面が濡れていたりして、
まだ試すことができません。
早く原っぱを駆け回れるようになれればいいのですが!
というわけで、今日は部屋の中・・・
先生に新聞紙の帽子や、飛行機、新体操で使いそうなリボン付きの棒(?)をつくってもらって、
ちょっぴり地味に遊んでいます!ほんと、信じられないくらい静か、です・・・

あらあら、雪がいつのまにか雨にかわってしまいましたよ!
いままで別室で遊んでいた0才児さんたちがやってきました。
これから0才児クラスも参加して、にぎやかなリトミックが
はじまりま~す!!
もももももももも すいかすいかすいかすいか
リンゴリンゴリンゴリンゴ パイナップル パイナップル
「くだもの階段」みんななんだか、これ大好き!




もっとおひさま原っぱニュースを見る