のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2020-07-07 素敵な隠れ家?


梅雨本番、九州は大変なことになっていますね!
毎年、「いままでに経験したことのない雨」が降って
シトシトなどという形容はそのうち忘れられてしまうのかも…
元気に育っていたトマトも、このところの雨続きで
葉っぱが黄色く変色し、実もなかなかつきません。
大丈夫かなぁ!
このところ、こどもたちの遊びは段ボールが中心!
中に潜り込むのも一度に3人ぐらい入る大きさだと
面白さも格別なようで、きゃきゃと大騒ぎが続いています。
どれでも同じ、とおもうのですが、
黄色いテープで補強してあるのが良かったり
一人用、二人用それぞれ大きさにもこだわりがあるようです
夕方等、その賑やかなこと!
百聞は一見に如かず、まぁごらんください。

2020-06-26 あめふりさんぽ


雨の日はいつも「きょうはお散歩行けないね・・・」と残念そうな子どもたち。
昨日も、雨だから出られないかぁ・・・と思っていたのですが、
なんとレインコートを着て、お散歩へ行ってきました!

実は、”今年はこんなことをしてみたいね”と先生たちの中で計画していたことのひとつ。
<あめふりさんぽ>だったのです!!

大きいさんたちは一人一人のサイズに合わせてもらったレインコートを着て、ウキウキ♪
お休みが多かった小さいさんも大きいさんのレインコートを借りて、一緒に出発!
黄色いレインコートを着た子どもたちの後ろ姿のなんとかわいらしいこと!!!トコトコと歩く姿がまた、とってもかわいいのです!

ジョギングロードに着くと、カタツムリさんやナメクジを見つけようと、植え込みをしばし探して歩く先生と子どもたち・・・

「カタツムリさんいるかなぁ」

・・・残念ながらカタツムリやナメクジを見つけることはできませんでしたが、水滴の溜まったクモの巣や石の下にいるダンゴムシを見つけたり、濡れた葉っぱを触ってみたり、小雨の降る中のお散歩を楽しんでいた子どもたちでした。
また、<あめふりさんぽ>できるといいね♪
今度は、カタツムリさんにも会えますように・・・

もっとおひさま原っぱニュースを見る