のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2020-03-30 あっというまに日が過ぎて・・・


辛夷の花も咲ききらないというのに、もう桜が咲き始めました。
柳も薄緑の枝を揺らしています、ほぼ4月の感覚、ですね。

先週の土曜日に2歳児クラスのお別れ会をしました。
毎年、進級お祝い会も兼ねて
みんなでご飯をたべたりするんですけど、今回はこの騒ぎでしょ、

時間も短くして、いつもとは雰囲気の違う会になりました。
でも、あんまり寂しい会にはしたくなかったので、のっけから「おひさま原っぱ園歌」となりました。
もう10年ぐらい歌ったことがなかったのですが、
実はおひさま原っぱ保育園には、立派な「園歌」が
存在するのですよ(作詞・作曲 森文子)!
職員一同で卒園生にささげた園歌はあんまり上手じゃなかったけど、2歳児クラスのみんなは、いままでの練習の成果で
保育証書を立派にうけとることが出来ました(拍手!!)
引っ越しで0歳からの子がいなくなり、おひさま原っぱ生え抜きはたった一人だったけど、みんなそれぞれ成長しましたよ。
この時期いつも思うんです、あぁ、もう少しおいておきたいな、おおきくなるのもっと見たいな・・・
若干緊張して、コチンとなったこどもたちの顔、可愛かったです
自分たちで作った紙粘土のコースターをママたちにプレゼントしたり、0,1歳も加わって“パプリカ”、を踊ったり、
短い時間でしたが、楽しいお別れ会になりました。
そうそう、今年は、お花の飾りを山ほど作ってくれた先生がいて
会場の門のところまで、可愛い花飾りがつきました!
ぽかぽかの日差しにも恵まれ、良い会になってよかったね!
いつまでもこどもたちの帰ってくることのできる場所でいたいな(ご希望通りに)、いられたらいいな!
残りあと2日、いっぱい遊ぼうね!!

2020-03-17 梅が満開です


お別れ会まであと10日もありません。
もうすぐ幼稚園、というのはわかっているものの
保育園や、仲良しのともだちとさよならなんだ、というのが
あまりピンと来ていないかもしれない2歳児クラス。
今月の壁面は、吉田先生の作ってくれたみんなの似顔絵、
おおきなパプリカにすてきにおさまっています。
そして、このごろ毎日踊っているのは「パプリカ」
いまのこどもたちって、この手のダンス、ほんとに上手!
感心してしまいます!!
お別れ会でみんなで踊ってくれるんだって、楽しみだね…

おどるのもすきだけど、なんといってもまず食欲でしょ、
というのは0歳児クラス。
今日もおやつを見た途端、ワーッという歓声と拍手で迎えます。
(ほんとに食べさせがいのあるこどもたちです)
4月からは、違うお部屋に移るんだけど
食事の時間、おやつの時間のたびにいままでの乳児室に戻ってきてしまいそう、(帰巣本能?)大丈夫かな。

新型コロナウィルス、で振り回されていますが、
残りわずかな2019年度、みんな元気に終えられるといいね!

もっとおひさま原っぱニュースを見る