のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2019-01-08 ことしもよろしく


2019年も、あっという間に8日、
七草も終わったし、早いですね。
おひさま原っぱでは今日、久しぶりに全員がそろいました。
1週間ほどの休みのあいだに、おしゃべりが上手になったり
体がおおきくなったり、1週間とはいえないこどもたちの成長にびっくりしてしまいます。
もうあと数か月で、幼稚園に行ったり、規模の大きな認可園にいったり、と巣立ちの時をむかえる2歳児さんたち、
クリスマスにはヨンタさんでドキドキしていたけれど、
次の難関は節分の鬼かな?頑張ってね!

年末、クリスマス関係のなくなった絵本の棚に、
今度は雪や、雪だるまなどの冬の絵本が並びました。
今日の絵本タイムには、ゆきぼうずのでてくる絵本が登場しました。
“さむい!”といったらかちかちに凍らせてしまうこわーい
ゆきぼうず、
みんな真剣な顔で、ちょっと体をかたくしてきいていました、感想は「こわいねー」だったみたい!

今日あたり、どこかにゆきぼうずが出没しているかもねー

2018-12-26 サンタさんがきた!


クリスマスの話がでてから、こどもたちの心配の種は
“ひょっとしてヨンタさんがくるんじゃないか”ということ!
赤いノートに名前がかいてあれば、これはサンタクロースがくる、ということ、でも時々黒いノートに名前が移っていることもあったしぃ・・・、どっちがくるんだろう!?
25日は、いつもよりはやくにお昼寝から起こされ、
身支度にとりかかりました。
サンタからの電話によると、もうすぐそこまで来ているのだとか、いつもグズグズのみなさんも、今日ばかりはちょっとばかりスピードアップで、服をきて
耳を澄ませていると・・・どこかでブー、という音、
何?サンタはシャンシャン、って、ってくるんでしょ?まさか!
でもご安心、まもなくシャンシャンという鈴の音がして
やっとサンタクロースがきてくれました!
心配しながら待っていたのにサンタクロースをみるとなぜか
静かになってしまったみんな、緊張?安心?
やっとやっとサンタクロースの袋が開いて、ひとりずつプレゼントをもらうことができました、が、ここでも遠慮がちで寡黙なこどもたち、試しに開けてみよう、などという子もなく、サンタクロースとのひとときは静かに過ぎていきました・・・
サンタクロースへのお礼のダンス、サンタクロースへのプレゼント、またねー・・・とサンタクロースが帰ったあたりから、
ようやくいつものこどもたちに戻ったらしく、
そのあとのおやつタイムは食欲全開でした。
でも、お家に帰ってから、プレゼントをあけてみたこどもたち、とっても気に入ったらしいですよ、大好きな絵本をもらったんですって!よかったねぇ!
クリスマスが過ぎた朝、なんとなんと「もういい子にしない宣言」をしてきた子が、約1名。
サンタクロースの赤いノートは
来年のためにもう情報を、書きだしているかもしれないよ、どうする?

もっとおひさま原っぱニュースを見る