のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2020-05-12 五月晴れ


GWが明け、少しずつ保育園にお友だちが戻ってきました。
久しぶりの再会に玄関で笑顔のお出迎え。
やっぱりお友だちと会えるのは嬉しいのでしょうね!

連日、天気のいい日が続き、気温も上がって少し暑いくらいです。
子どもたちにとっては外遊び日和。
原っぱはすっかり草も伸びてきて、子どもたちの背丈ほどになっているものもあります。
タンポポやわたげ、シロツメクサなどのお花もたくさん咲いていて、花を片手に散策!
そしてなんといっても、ダンゴムシやてんとう虫大好きな子どもたち!!!
特に、てんとう虫が一匹でも見つかると、見せて!見せて!とみんなで顔を寄せ合って見つめ、誰がてんとう虫を手に乗せるか、と小さな戦いが起ることも・・・

暖かくなって自然いっぱいの原っぱでどんなものが見つかるか、これからの楽しみですね♪

写真1)広瀬川の中州に遊びに行ったよ♪とっても大きい木だねぇ
写真2)原っぱの東屋で”ばぁ!!!”
この柱を石でカンカンと鳴らすのも楽しいのです!
写真3)こんなところにアンパンマン!?



2020-05-01 5月になりました


先日、とれたての菜花をかいました。やわらかい緑色で
こんもりした黄色の花が咲いていてみるからに美味しそう…
早速茹でて・・の前に一枝コップにいけてみました。
菜花は予想通り、とてもおいしかったですよ(新生姜のすりおろしをかけていただきました)、
そしてコップにいけた方の花は

次の朝みたら元気におどっているようでした!
手つき(?)はなんとなく阿波踊り、楽しそうです・・・!

人数は少ないものの保育園のこどもたち、毎日賑やかに暮しています。
お散歩の行き先もいくつか開拓しました。

でも、
5月6日でとりあえず一区切り、とおもっていたら
なんと延長になってしまいましたね。仙台市の登園自粛のお願いの期間も同じく5月31日に・・・
もう限界、というご家庭もおおいのではないかな!でも、
保育園は原則開所、必要な方は利用できますので大丈夫ですよ。
まずはこの連休げんきにすごしましょうね、また、あいましょう!

もっとおひさま原っぱニュースを見る